書籍出版のお知らせ

「イタリア・ウンブリアの小さなオリーブ園~オリーブの育て方・楽しみ方~」が出版されました。

本書は、イギリスで農学を学び、オーストラリアで穀物、羊、ブドウを育て、ワインを作り、南オーストラリア州の農林大臣を務めた著者が、イタリアに移住。そこでオリーブ栽培を始め、その永年の経験から、オリーブ栽培やオリーブオイルの搾油からマーケティングに至るまでオリーブに関して幅広く網羅した本です。

著者は、「オリーブに関する本は何千とありますが、オリーブが地中海の作物だったので、地中海地方の言語で書かれたものがほとんどでした。私の著書は、それらの翻訳ではなく、英語で書かれた数少ない本の1つです。この本の大事なところは、地中海沿岸のイタリア、チュニジア、スペインの栽培者には当たり前すぎて、本には書かないようなことがたくさん書かれていることです。」と日本の読者へ言っています。

この書籍は、“収穫の秋”から始まります。“剪定の冬”、そして“土地の手入れ、新しい畑と肥料の春”、“灌漑の夏”と続きます。自らの栽培を通じてデータを集めそれを分析した学術面だけではなく、著者が見たイタリア農家の実態もつづられ、イタリアのオリーブ農業の様子を垣間見ることができます。

オリーブの栽培についての教科書は、オリーブ栽培の歴史から始まり、植物としての生態や栽培技術、さらには研究成果などの学術的内容が多いのに比べ、この本は初心者にもわかりやすい内容にまとめられていますが、専門家が読んでも実践的かつ簡潔な内容です。

著者 ブライアン・チャタートン

出版社 OliveWellness株式会社

発売日 2020/12/21

単行本 292ページ

(裏表紙)

価格 Kindle版 3,520円(税込み)

Kindle版はこちらから

紙製本版 6,600円(税込み)

目次

第1部 オリーブ畑の四季

第1章 秋―収穫
第2章 冬―剪定
第3章 春―土地の手入れ、新しい畑と肥料
第4章 夏―何もしない夏と、灌漑

第2部 オリーブをオイルに加工する

第5章 搾油所へ
第6章 オリーブオイルの味
第7章 小規模栽培者のオリーブオイル販売
第8章 小さな畑とオリーブ

第3部 世界のオリーブ

第9章 世界のオリーブ栽培地
第10章 米国・日本・中国でのオリーブ栽培

 

紙製本版のお届けは、1月下旬になります。
(本にはポイントはつきません)