地植えで大きく

地植え

庭があってシンボルツリーのように大きく育てたい時などは、地植えをします。地植えは水やりをこまめに行う必要がない、大きく育つと実をたくさん収穫できるなどの利点があります。一方大きくなり枝も茂るので剪定をするなど樹形を整える必要があります。一旦植えると移動は難しいです。植物の成長中は、鉢植えより実が付きにくい傾向があります。

場所を選ぶ

植える場所は日当たりと風通しがよく、水はけのよい場所を選びます。水が多い場所や水捌けの悪い土壌、冬に直接北風が当たるような所は避けます。他の木との間隔は5メートル以上あけるのが理想です。直径50㎝以上、深さも50㎝以上掘り、埋め込む土を用意して苗を植えます。埋め込む土は、堀上げた土に苦土石灰、赤玉、腐葉土、できれば通気をよくする自然由来のチップ、肥料などを混ぜて用意します。PHを6.5以上に調整します。

大きな苗を選ぶ

出来るだけ大きな苗を植えるのがコツです。苗として育苗されて3年以上の苗を植えます。小さな苗は枯れることがあります。オリーブの根は地中深く延びるのではなく、水平方向に延びるので、苗は浅く植えることです。植えた後、支柱をし、根が動かないようにします。またたっぷり水を与えます。乾燥が続くときは、潅水をします。